家庭教師のアルバイト

学生の時、下宿の大家さんの紹介で、中学生に勉強を教える家庭教師のアルバイトを始めることになりました。それが、いわゆる破格ともいえる条件だったのです。

当時、お金に困っていて飲食店でアルバイトをしていたんですが、時給も安くとてもこのバイトだけでは生活できる状態ではありませんでした( ゚Д゚)

なので、学生ローンでお金を借りて生活をする日々。

さすがに、このままだとキツイなって言う時に、この家庭教師のバイトの話しになったんです。

普通、家庭教師というと、生徒さんの家まで出向き、そこで勉強を教えるというものだったと思います。しかし、大家さんから紹介された生徒さんの場合、彼女のお母さんが、彼女をわたしの部屋まで送ってきてくれて、私の部屋で勉強を教えるというものでした。

それで、待遇はどうかというと普通の家庭教師のアルバイトとほとんど変わらず、わたしは、いわゆる通勤時間がないので、とても楽をさせていただいたと記憶しています。

しかも、家庭教師なので、それなりに貰える金額も他のバイトと比べると高額でしたしね(^^)/   さて、彼女の家庭教師を始めてから半年ほどたった頃だと思います。彼女のお母さんの知り合いの子供さんの家庭教師の仕事を頼まれました。

これもまた、わたしの部屋まできてくれるという条件でした。しかも、一度に二人も来て、その二人に勉強を教えるというものでした。

一人分の時間で、ほぼ二人分の報酬をもらえることになり、とても好条件のアルバイトとなりました。   やっぱり、いわゆる通勤時間を必要としないというのはほんとうに助かりました。報酬も良かったですしね♪今でいう在宅勤務のようなものだったかなあと思います。

今は就職し、家庭教師の仕事もしていませんが、今思うと本当に割のいい仕事だったな・・・って感じですね。また出来る事ならやりたいぐらいです。